フラットスプリングレーシング

レースやイベント等の活動記録

GRC第4戦 「Rally NIIGATA」

日時:2017年10月1日(日)
場所:新潟県角田浜エリア
大会名:GRC第4戦 Rally  NIIGATA
天候:良好

 

 

 

先ずは結果から

 

 

皆さんのお陰で3位に滑り込めましたぁー\(^o^)/

f:id:flatspring:20171006220235j:image


ありがとうございます。
きっと1人で走ってたら迷子になり泣きながら走ってた事でしょう(笑)


あっ、1人で走ってたんですが飲み物補給しようと自販機見つけて近づくと同じ考えの参加者さん達がいたりと一緒になる事が多かったんですよ〜

f:id:flatspring:20171006220322j:image

ね(笑)

 

今シーズンのGRC最終戦となる今回の新潟ラウンドはとても楽しく、走りごたえのあるコースでした。


終戦は今までと違ってリエゾン区間でちょっとしたゲーム性を取り入れてあり各SSはスタート時刻が決まっていて、その時刻に遅れるとペナルティーとして遅れた分の時間がタイムに加算されるのです。

 

SSとSSの間にはリエゾン区間なんだけどチェックポイントがありスタート前に説明されたあるモノを写真に撮ったり(写真でなくてもok)して確認するのでリエゾンと言えどゆっくり走ってられなかったりね。

あるモノとはこれだ!

f:id:flatspring:20171006221256j:image

紐の色

 

チェックポイントの紐の色を確認しない場合も時間のペナルティーがあるが、チェックポイントに夢中になりSSのスタート時刻に大幅に遅れてしまうならチェックポイントを確認しないペナルティーを選択するのも戦略なのです。

 

まあ、今回はチェックポイントまで全て楽しんだのでSSのスタート時刻に間に合わずにペナルティー沢山もらったりしましたけどね(笑)

 

 

それでは振り返ってみましょう。

GRC第4戦 Rally  NIIGAT in角田浜

 

SS1
角田浜トレイルをスタートし、途中で海側へ抜け海岸沿いのちょっと高くなってる砂地が最後の直線(砂地)を気持ちギア上げてペダル回していきゴール!!

トレイルのコースは程よく初心者でも楽しめるルートで自分のスキルでは押し上がる所もあってチャレンジ心をくすぐられる楽しいコースでした。

f:id:flatspring:20171014085902j:image

 

浜辺に出る時に砂にフロントタイヤが刺さり転んで擦り傷作った(試走の時も同じ所で転んだ)けど最後は踏め踏めのストレート

f:id:flatspring:20171014104638j:image

 

 

リエゾン
時間差で1人ずつSS2のスタート地点へ向かうが角田浜エリアの地図が全くインプットされてないので道があってるか不安になり地図を何回か見ながら到着!
知らない地を地図見ながら走るの楽しいーい(^ ^)


SS2
中々出来ない波打ち際を走るルート、途中満潮に向かっていく時間帯の為、砂浜がなくなってる区間は上の道に迂回して少し走ってまた砂浜に降りて波打ち際を走るルート。
下見の時はVR40の28cのタイヤで砂浜に刺さりまくって余り走れなかったけどMTBなら結構走れて楽しかった。

わざと波がかかるラインを走ってみたり(笑)

ここでミスをしてしまった。

なかなか走る事が無い波打ち際を走るところを撮影したかったのに試走の時にカメラを車に置いてて試走が終わったら付けようとしてたけど、自分の車はスタッフ車として使う為試走終わった時にはSS2のゴールにカメラと一緒に向かってたという…

 

リエゾン

SS3まで距離がある区間、途中に宝探しチェックポイントもあり楽しめました。

本当は楽しんでる場合ではなかったのですが、この時はまだそれに気付かなかった(笑)

だってみんなで一緒に走るの楽しいんだもん\(^^)/

 

SS3

リエゾン2で楽しみ過ぎてスタート時刻に間に合わずペナルティーもらった(;´д`)

SS3は下見の時も苦しめられたヒルクライムだ!

しかも、下見の時に使ったマシンと違い登りにあまり向かないギアの組み合わせだったりして…(>_<) これは詰んだな(笑)と思うぐらいでしたがなんとかゴールに辿り着いた。

 

と思ったら、スタッフが間違って?上るのを辞めたから?本当のゴールまでまだある途中でゴールにしてたので幻のSS3となりました( ̄▽ ̄)

 

リエゾン

チェックポイントが2箇所あり楽しめるリエゾン

と思いきや今回のGRCラリー新潟はリエゾン区間もガンガン回さないとタイムがギリギリという…

 

でも、そこは楽しんじゃうよね〜

 

チェックポイントは最悪見つけられなかったら飛ばしてでもSSのスタート時刻には間に合うようにしなくてはならないのですが、

 

そこは楽しんじゃうよね〜

 

しっかりチェックポイント見つけるために迷ったりしながらも見つかるのです。

 

SS4

もうね、スタント時刻には間に合いませんよ!

確信犯です(^^)

SS4はきつい登りではないですが、自分にとっては距離がまあまあ長い。

が、ここでちょっと進化する事になるとは思いもよらなかった。

 

ヒルクライムは苦手(嫌いと言わなくなってる)なのです。

上り方が分からないのです。

案の定回転数も低く進めが遅い。

後ろから先輩ライダーが良いテンポで抜かしていく。

 

うしろから走り方を学ぶチャンスだ!

自分と違うところは・・・。

 ペダルの回し方だ!

自分のは坂で進まないからとゆっくり回す傾向がある。

でも、そうすればするほど進まない。

 

先輩のペダルの回し方は一定のペースでケイデンスは60〜70ぐらいか50〜60ぐらいで回してる感じがする。

 

同じ様に回す様にしてみると走りが変わった気がする。

ギアは軽いがペダルを回す事で進みが早くなる。

当たり前なんだけど実際ひとりで上っ出て疲れるとケイデンス落としちゃう。

そして速度が落ちる。

の繰り返しでなかなか良いペースで上る方法が分からないもんなのですよ。

 

先輩の走りを見てからはケイデンスを落とさない様に意識して視界の中に先輩の背中を入れておきテンションを維持する事に専念する。

 

そうこうしてるとゴール!

なんだろうこの段々ヒルクライムが好きになってくる感覚…

 

 

リエゾン4

海沿いの道に出てSS1のコースだった角田浜トレイルまで走る。

海沿いの道は気持ちいいね〜(^^)

 

SS5

ラストは角田浜トレイルをもう一度走ります。

MTBに乗り換えてトレイルを走るのは楽しい〜♪

 

GRC Rally NIIGATA とても楽しめました。

また、開催できる事を願います。

 

 

JCRC特別戦 サタデーサン連戦第3戦

2017年11月11日の土曜日のお話

JCRC主催の『JCRC特別戦 サタデーサン連戦第3戦』に参戦してきました。


アラスカワークスとDoroKID TSUKUBAと久しぶりに一緒になり楽しくトレーニングできました(^^)

 

コースは下総運動公園
ぽんすけはコースを2周するK中クラスにエントリー!
その他に2時間エンデューロを親子ペアでエントリー!

K中クラスは後方で一人旅になってしまったが、それでも最後まで力は抜かずに走ってました。

結果は4位
JCRCは6位まで表彰してくれるので本人喜んでた。

 f:id:flatspring:20180127095557j:image

エンデューロ親子ペアは自分達だけの3組だったので子供達に30分のトレーニングを3回
子供達の休憩中に親が10分くらい走るという内容でした。
子供達の1回目は3人まとまって走る協調の練習で1周したらローテーションする。
後の2回はそれぞれの力で周回タイムを落とさないように走る練習


普段の走り込み量から明らかにキツイのは見て取れたので途中いつでも変われる様に準備万端でコース脇から交代するか聞くと顔を横に振り交代しないと頑張ってた。


以前なら疲れたら交代してたので成長したなぁ〜と、結局2時間エンデューロのうち1時間30分走ったのかと…ちょっといいなぁ〜って(笑)

 

f:id:flatspring:20180127095630j:image
まっぴーも周回タイムを兄ちゃん達に伝えるお仕事をもらい楽しんでました。

 

f:id:flatspring:20180127095847j:image
エンデューロの結果は3位やったね!

あきえさんにはまっぴーと一緒にいていただきお仕事も与えてもらい本当にお世話になりありがとうございました(^^)

f:id:flatspring:20180127095513j:image

エンデューロでは最前列に並ばせてもらえたり抜かれる時に頑張れ!って声を掛けてもらえたと言ってたので今までにない経験をしたと思います。
そうゆうのもあって疲れてきても交代せずに自分の持ち時間走りきれたのだと思うとやはり仲間とのレースはいいですね〜(^^)

終わってからはDoroKID TSUKUBAメンバーと成田空港に行って飛行機見てうどん食べて帰宅!

 

楽しい1日でした!

f:id:flatspring:20180127100023j:image

 

ALEXRIMS CXD4でシクロクロスを走った感想

7月23日に行われてMistral主催のサマークロスでALEXRIMS CXD4を使ってみた。

f:id:flatspring:20170820102643j:plain

 

CXD4で初めて走った時はその軽さにホイール変えるだけでこんなに違うものなのかと実感したので密かに期待をしていた。

前日のコース設営時は天気が良すぎるほどに晴れており木の下しか日陰のない吉見総合運動公園

明日のレースも暑さが厳しくなるのかなと思ったら朝からどんより雲で時々雨が降ってくるウエットなコンディションでした。

吉見のコースは平坦基調ながら草が生い茂っており区間によっては伸びた草がタイヤの進みを重くするので自分は直ぐに体力を奪われてヘコタレるのです。

 

さて、CXD4での初めてのシクロクロスはどうだったのか?

結果を先に言うと辛かったけど楽しく走れたので嬉しくなった!かな。。。

トップグループを走れたとかトップ10内でゴールしたとこではないのですが、正直今まではトレーニングだと言い聞かせて走っていることが多々有りました。

でも、CXD4で走ると今まで苦しいだけの吉見の草が自分的にレースしながら走れるように感じた。

 

スタートはまずまず悪くない感じで出ることができ、速い選手に抜かれはしましたが同じペースの選手にはついて行けている。

今までだと草の抵抗に脚力を削られてタイトコーナーの立ち上がりで思うように加速できずにどんどん下がっていく事があったのですが、CXD4という武器を手に入れた今日は違うぜ!とばかりにコーナー立ち上がりでしっかり加速することができる。

加速がいいだけでなくスピードのノリも良くなったので今までと同じようにコーナーへ進入すると突っ込みすぎてしまう事が何度かあった。

 ホイールだけでこんなに変わるなんてほんとびっくり!

f:id:flatspring:20170820102848j:plain

話をレースに戻すと同じペースで走る選手が自分の前に1~2人と後に1人という感じで3~4人が近い感覚で周回を重ねてました。

今までとは違い離れずに走れるのでどこで離れてどこで詰まるのか確認しながら離れ過ぎない様に頑張ってペダルを回すのですが、後ろにいる選手の存在も気になるところです。

呼吸が聞こえるので振り返らなくてもすぐ後ろにいるのは分かる。

後の選手は余力を残してチャンスを伺っているのか?余力はないけど頑張っているのか?一時離れることがあるがアドバンテージを取れる程は離れないし、周回を重ねてきて自分も苦しくなって来てる。

 

前の選手を抜くタイミングを考えながら後の選手の動きも気になる。

ラスト3周ぐらいの時に少し前の選手と離れてしまった時間もあったが、後の選手とも少し間があいた。

何とか前の選手に追いついて1つめのシケイン超えた後にスピードのノリが悪くなったなと思った所で一気に抜いた!

そして引き離し為に回すが、レースも後半になってきておりこちらもそんなにスピードが上がらないので後ろから来た選手に抜かれてしまった。

その選手がずっと自分の後ろにいた選手なのかは分からないけど、やられたと思った。

ついて行こうとするが思ったようにスピードが上がらず離されてしまった。

諦めずに今出せる力で走っていると前を走っていた他の選手が見えてきた、監督に30回ダンシングすれば追いつけるぞ!!

と言われていよっしゃー!!とダンシングするが10回しか出来ずに追いつけなかった。。。

 

そのままゴール!

順位はまだまだ上にあがらなくてはという位置ですが、最後まで考えながらレースを出来のはCXD4による走りが軽くなりシケイン超えの時もマシンを持ち上げるのがとても楽になった。

約1ヶ月前の事なので思い違いもあるかも?

でもALEXRIMS CXD4のお陰で楽しいレースが出来ました。

f:id:flatspring:20170820103126j:plain

 

サポートしていただきありとうございます。

 

最後に

今までホイールを変えなくても自分が力をつければ良いんだと考えてましたが、5万円でここまで変わるならもっと早く導入してれば、ホイール交換って有りだと考え直しました。

完成車の場合で15万と10万の車体があるとして5万の差があってもホイールはほぼ同じクラスだったりすることが多いと思うので、10万の車体を買って5万円で買えるホイールに交換するのもありではないかと思う。

ALEXRIMS CXD4はその5万円で買える軽く回りよく進むホイールなのでこの様なホイールを交換するのを考えて車体を選んでも面白いと思う。

そうすると一気にホイールが2セットになるので、1セットは重いかもしれないけど使い分けができるのは大きいと思う。

f:id:flatspring:20170820103339j:plain

 

Mistral Cycle Xross Games 第4戦

日時:2017年2月26日(日)
会場:吉見総合運動公園
大会名:Mistral Cycle Xross Games 第4戦
距離:1周約1500km
天候:晴れ
コースコンディション:ドライ&乾燥してる
参加クラス:CX60、CX20、ダート☆KEIRIN
 
今回は最終戦という事もあり、CX60、CX40、CX20、ダート☆KEIRIN、エルミネーションと全て走ると意気込んで当日を向かえた。
コースは第3戦からがらっと変わり休むところがなく平坦基調の踏み踏みコースになっているが凸凹区間もありその突き上げが徐々に体力を奪うとってもハードなコースになっている。
 
運営の手伝いとして試乗車ブーストとメンテナンスコーナー(もっと宣伝しないと誰も来てくれない)をしつつCX60のスタートの召集が始まる。
目標は前回よりも上の順位でゴールすることだ。
 
スタートは一列目だが、周りの自分よりも早い人達の迷惑にならないように走らなくては、
もっと言えば早い人達よ早々に抜いてくれと思ったのも本当だけど、そこは折角いいポジションなのだからどこまで戦えるか試すチャンスだと思い気持ちが折れないように自分にプレッシャーを掛けてみる事に徹した。
 
スタートして思ったより前を争う感じがない、
60分あるから初っ端から飛ばさないのかな?
と考えながらなんと3番目のポジションでトラックを後にしシクロクロスコースへ出ていくことに。。。
 
遅れないように1、2番手の選手についていくが、正直スピードが早く大変だったよ。
コーナーへの進入スピードも違う(早い)ので自分のラインとは違うラインになるのでリズムが取れない。
結果コーナー出口で修正するので遅れる。。。
 
でも、ここでもたもたしてたら後が渋滞してしまうので何とかついて行こうと頑張る。
頑張るけど離される。。。
そしてその時は来た。
 
雑木林区間に入る180度回り込むふあふあな草木と落ち葉でタイヤが取られやすいコーナーでスリップダウンしてしまった。
(今、考えるとバイクロアでもMTBで同じ様なスリップダウンをしたなぁ~)
後続の邪魔になってしまうので直ぐに起き上がるが、後続選手がある程度通り過ぎるまで再乗車が出来なかった。
 
 気を取り直してコースに復帰する。
その後は平坦区間(と言っても多少の凸凹はあるが)は速度は維持したまま走れた。
スタート地点から一番遠くになるエリアでは土手の上を走るのだけど、ここの凸凹がまた普通にスピードを乗せて走るのが難しい程大きい。
それに途中に崩れている箇所があり、変に意識するとずり落ちそうになる。
サドルから尻を少し浮かせて腕と足で上手く凸凹のショックを吸収しながらスピードを落とさずに走れたと思う。
 
その土手区間を折り返して舗装路にあがる手間に溝の両サイドにショートシケインがあるので降車するのだが、ここでアクシデント発生!
この日は前日から天気もよく乾燥していた。
路面も湿り気ってものが全くなく砂が浮いて滑りやすくなっていた。
 
片方のビンディングを外して降車しようとしたまさにその時だ!
地面に下ろした足が浮いた砂で滑って自らの足でマシンにスライディングする格好で転倒した。。。
まさかこんなイージーな所で転倒するとは、足痛いしね。
 
その後は淡々とこなして完走した。
 
後は、もう数ヶ月も経ってしまったので覚えてなかったら他のレースと記憶がごっちゃになってるみたいなので今回はここまです。
 
 
 

Mistral Cycle Xross Games 第3戦

日時:2017年1月15日(日)
会場:吉見総合運動公園
大会名:Mistral Cycle Xross Games 第3戦
距離:1周約1700km
天候:強風、くもり時々晴れ&雪
参加クラス:CX60、CX20、ダート☆KEIRIN、エルミネーション
結果:CX60 17/18位(先頭から2周ラップされる)
         CX20  7/20位 
         ダート☆KEIRIN 6/7位 
         エルミネーション 13/14位
 
CX20は子供達も一緒に走っているので除外して結果を見ればまだまだだね。
今年どこまでタフになれるかを課題に取り組もう!
 
レースは公式動画に使ってもらえる前転する転倒を披露した他は地道に周回を重ねてゴール
前回のぶっ倒れるレースからすればまあ走れるようにはなったけどまだまだ。
 
 
 

Mistral Cycle Xross Games 第2戦

日時:2016年12月18日(日)
会場:吉見総合運動公園
大会名:Mistral Cycle Xross Games 第2戦
距離:1周約1.5km
天候:晴れ
クラス:CX60
レース時間:60分
結果:19/19位
 
 
路面コンディションは一部泥区間もあるが舗装路と林間区間や芝区間とほとんど乾いていたが、芝というか枯れ草区間はなかなか進まずに周回を重ねるごとに足に疲労が溜まった。
急遽走れる事になったので練習なしのぶっつけ本番でどこまで走れるのか?
まずは60分を走りきる事を目標にがんばろう
 
3周ぐらいまでは元気にペダルを回して自分なりにコースを攻略する走りをしてみたりと余裕もあったが、練習してないんだから当たり前の様にスピードが落ちるもう辛い。
4周目以降からだんだんペダルの回りが遅くなり、スピードも落ちてきて60分走りきれるのか?

f:id:flatspring:20170118002424j:plain

 
 
 
先頭グループを走る選手には3回ぐらいパスされたと思う
でも、そんなときは速い選手の走りを見れるチャンスだと辛さを紛らわして
自分との走り方の違い、ライン取りを勉強しながら耐えた。
 
周回を重ねて何台ものマシンが耕した泥区間をがんばって乗車でクリアしてたが、速い選手は手前で降りてクリアしてたりと周回を重ねて路面状況の変化に合わせて走り方を変えるんだなとそんな勉強をしながら周回をしていくがついにスタミナ切れがやってくる。
 
もう、本当に辛かったDNFの文字がなんども頭に浮かんでくるが、機材トラブルでもないのに何て言えばいいのか?
疲れたからリタイヤしますとかなんて言えない、言えるわけがないじゃん。

f:id:flatspring:20170118003436j:plain

 
 
 
 
 
 
 
苦しいけどこの自分の体力の無さを受け止めつつも次に繋げる為に
完走しなくてはいけないと言い聞かせて走った。

f:id:flatspring:20170118003605j:plain

 
 
 
 
 
 
そして、なんとかゴールまでたどり着いて完走できたけど
本当に暫くは起き上がれなかった

f:id:flatspring:20170118003718j:plain

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もう、息絶えたのか如く動かない(笑)

f:id:flatspring:20170118004103j:plain

 
 
 
 
 
 
初めてシクロクロスで60分走った感想はとっても辛かったけど、何回も同じセクションを走れるので途中笑顔が出ちゃうぐらいに楽しい!かな

f:id:flatspring:20170118005157j:plain

 
さあ、次戦はどこまで走れるようになるか?
 
ウエア:ジャージはrericのキグナス半袖ジャージ
    ビブパンツはrericのリンクス
           インナーはパールイズミ クールフィットドライUVロングスリーブ
           ビブパンツの下にDECOJA 起毛レッグウォーマーで寒さ対策

トラックシリーズでダブル表彰

去年の事なので簡単に書きます

 

Mistral Sports Clubが開催している夏のキッズシクロクロスのシリーズ戦であるmistral cupと同時開催されていたのが大人のシリーズ戦となるトラックシリーズで種目はエルミネーションとダートKERIN

子供を連れて行き応援してるだけより一緒に走った方が楽しいだろうし、自分が走ってもいない事は教えられないのでシリーズ戦に参加した。

 

 

 

初めてのダートKERINに参加した時は話しにもならない走りで終わった。

f:id:flatspring:20161231022813j:plain

 

これでは子供になにも言えない

 

次戦までに少しでも走れるようにならなくてはと決意し練習を始める

ローラーなら室内で出来るので乗れる時はひたすら乗っていた

 

 

トレーニングとは言えない内容だけど

ひたすらローラーで乗ったら

 

 

 

 

2位になることもあった

f:id:flatspring:20170117235244j:plain

 

 

 

 

 

 

 

そしてシリーズ総合成績は優勝して締めくくる事ができた!

f:id:flatspring:20170117235309j:plain

 

 

 
 
 
エルミネーションの総合成績も2位と嬉しいダブル表彰でした。

f:id:flatspring:20170118000725j:plain

 

 

内容はまだまだ何だけど、凄く良い経験ができた。